DQ10賢者のことを細々と

賢者の日記

コロシアム考察

賢者視点による各職考察 その3

更新日:

シリーズ完結編(?)です。

(2019年6月26日加筆修正)

スーパースター

かつてゴールドの力でコロシアムの覇者となっていた職。度重なる弱体化を受け影を潜めていましたが、Ver4.1で新特技ラグジュアルリムを習得し、再評価されてきています。その後Ver4.5前期ですさまじい戦闘力を誇ったことから、後期環境では大きく弱体化しました。ある意味最も波乱万丈な調整を受けてきた職と言えます。

スーパースターといえば状態異常攻撃。ラリホーマやメダパニーマで5分間延々止められ続けるなんてことがあってはいけません。また、地味なところですが鞭でしばり打ちを食らうケースもあるので、できればマヒも用意したいところです。

スーパースターの火力自体はさほどではありませんが、風耐性をおざなりにしていると一撃で倒されてしまいます。また、前述の状態異常攻撃やマホカンタ、賢者のベホイムより強力なベホイミ、そしてゴールド使用特技を駆使してきます。じわじわとした曲線的な戦い方になることが多いので、慣れておきましょう。極竜打ちによるバフ剥がしとラグジュアルリム→ゴールドシャワーのコンボはパーティ崩壊の危険が伴うので注意が必要です。

必要な耐性:風 眠り 混乱 あるとよい耐性:マヒ

 

レンジャー

地獄から魔犬を呼び出す召喚士。守備力を無視するオオカミ系特技が非常に強力で、鎧職さえも楽にさせません。Ver4.1で大きく躍進した職業の一つです。

何かと取り沙汰されるオオカミ系特技ですが、賢者の守備力は最低クラスであるため、あまり効いている感じはしません。とはいえ、ケルベロスロンドは一発目で被ダメージアップを引くと即死しますので神に祈る必要があります。活命の杖でHPを底上げすると良い対策になるでしょう。また、味方ホルダーをきせきの雨で守ることも意識しましょう。

また、弓で攻撃してくる場面もあるはずです。レンジャーの場合、他の弓職と違ってアクセサリを攻撃特化にしていない可能性がある(攻撃力を上げても主力のオオカミ系特技の威力は増えない)ため、そこまで神経質に耐性を積む必要はないかもしれません。相手パーティに範囲バイキルト持ちがいる場合は少し注意。

Ver4.5後期でオオカミ系特技の発生が早くなり、使用人口が増えることが予想されます。

必要な耐性:魅了 あるとよい耐性:光 闇 土

 

踊り子

バトルマスターに続く二刀流使い。扱う武器が軽量級であるため破壊力はバトに劣りますが、呪文や状態異常、補助特技を駆使した搦め手が得意です。

短剣職かつ二刀流による2回の判定があるため、状態異常耐性には十分に気を使いましょう。左手に短剣を持ってのピンクタイフーンや百花繚乱は踊り子の専売特許ですが、追加効果発生率が高く非常に強力です。なお、つるぎの舞は食らったら細切れです。

Ver4.1でギラグレイドという強力な呪文を手に入れました。無耐性ですと4桁ダメージに迫る威力を叩き出すため、耐性を積まざるを得ません。物理攻撃と呪文攻撃を高いレベルで操る、本格的に魔法戦士っぽくなりましたね。まだ数が少ないため何とも言えませんが、かなりのポテンシャルを秘めていると見ています。

必要な耐性:炎 眠り 混乱 魅了 あるとよい耐性:風 毒 マヒ

 

まもの使い

通常の冒険では最強クラスのアタッカーとして君臨していました。コロシアムでは使用不可特技が多く、やや不遇な感が否めませんが、根強い愛好家がいます。

魔物の火力は非常に高く、近寄ろうものなら八つ裂きにされます。自己バイキルト手段こそ乏しいものの、固有特技のウォークライを持ち、その爆発力は凄まじい。仕事をさせる前に倒す心意気が必要です。特に注意すべきコンボはウォークライ→疾風迅雷・プラズマブレードです。

僧侶戦で多いのですが、HPリンクを使ってトリッキーな戦い方をするまもの使いもいます。二人分のHPを削り切るのはなかなか容易ではないので、てこずるようなら零の洗礼で消すことも考えましょう。

必要な耐性:雷 あるとよい耐性:風 封印

 

どうぐ使い

攻撃・守備・バフ・デバフ・回復と、蘇生を除くほぼ全てをこなす勇者。Ver4.1で天敵が減り、再び脚光を浴びつつあります。・・・そして賢者の宿敵でもあります。

まずは対魔法戦士と同じく弓を対策することが必要です。どうぐ使いに対してポイントを奪われると、そのまま磁界シールド+メディカルデバイスで篭りコースに入るため、入念に耐性を吟味しましょう。ブーメランを持ったときの火力も非常に高く、レボルスライサーはまともに食らうと一撃で倒されます。フローズンバードも7回ヒットと特技ダメージ+20の相性が抜群で、これまた微塵切りにされますので、氷耐性も重要です。

どうぐ使いの十八番と言えば、陣を敷いての篭り戦術。前環境では断空なぎはらいやボケといったアンチ特技がありましたが、Ver4.1で悉く弱化しました。いったいどうやって崩すのか・・・。零の洗礼でマジックバリアを消したり、しんくうはやシャインスコールといった呪文以外の特技を活用する等、試行錯誤しています。誰か知恵を貸してください(他力本願)

Ver4.5前期環境では、占い師の圧倒的範囲・威力を前に辛酸を舐めていましたが、占い師の弱体により後期環境では台頭してくると思われます。もっとも、かつての状況と比べるとマジックバリアが弱体化しているため、以前ほど苦戦はしない・・・と思いたい。

必要な耐性:光 闇 氷 あるとよい耐性:特になし

 

 

終わりに

駆け足になりましたが、いかがでしたか。書いているうちに、もっと詳しく書きたい思いがふつふつ湧き出てきたのですが、長くなりすぎるので結構端折りました。いつか各職詳細編も記事にしてみたいですね。

なお、対僧侶に関しては、バトルグランプリにおいては必ずミラーになるということで、今回は省きました。カテゴリ的にも、職対策というよりは「僧侶戦の乗り切り方」になると思うので、また別の機会でしたためたいと思います。

-コロシアム考察

Copyright© 賢者の日記 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.